大塩温泉
湯元 旭 館(あさひかん)
〒386-03小県郡丸子町大塩温泉 TEL(0268)45ー3355
宿の周辺地図

信玄の隠し湯で戦国ロマンに夢を馳せる。
国道254線を標識に従って大塩温泉へ折れ、500メートルほど進むと突き当たりに湯元の看板が見えてくる。このいで湯は戦国の昔、武田信玄の家臣大塩氏によって発見され、そのすぐれた薬効によって傷ついた将兵たちの湯治に利用されたという。現在も自然が色濃く残り、山あいの静けさを味わう人が訪れる。鹿教湯温泉の入口に「天神茶屋みやさま」を出店するほどであるから、料理はもちろんお墨付き。旬の山菜料理、鯉づくしの他にすっぽんやまむしを賞味できる。渓流のせせらぎを聞きながら地酒で乾杯。

交通 電車=JR長野新幹線上田駅よりタクシー50分、車=上信越道東部湯の丸IC下車30分
料金 6,500〜8,000円
イン15:00
アウト10:00
料理 季節料理、スッポン、マムシ、ヤマメ、鯉料理
風呂 内湯2(男1・女1)
泉質単純泉
効能 神経痛、リューマチ、高血圧、疲労回復
入浴のみ不可
建物 3階=和5室
駐車場5台
カード不可

◆この温泉地周辺の見どころガイド◆


トップページに戻ります。